バルコニー付きの家

より良い住まい選びの為に不動産

広いリビング

不動産会社と言っても、アパートやマンションの賃貸物件をメインに営業している会社と、中古住宅や新築物件を扱っている会社があります。まず、ご自身の目的に合った不動産会社を選定することが大切です。
最近の賃貸物件は、敷金礼金が掛からない物件が増えてきているので、営業スタッフが親身で好意的など、借り手の心情面で選んでも問題ありません。可能であれば、賃貸物件を見学させてもらいましょう。立地・間取り・ご近所の環境など、営業スタッフからの知見が引き出せると、より良い住まい選びとなるでしょう。
不動産会社で注意すべきなのは、中古住宅や新築物件の場合です。地主さんから土地ごと買い取り、自社販売している売り主はオススメです。仲介手数料が掛かりません。売り主ではなく、専任や媒介は仲介手数料が掛かるので注意です。
不動産会社は繋がりが深く、同じ物件でも、いくつもの会社が広告を出しています。不動産会社の実質の利益は、仲介手数料で成り立っていると言っても過言ではありません。
売り主・専任・媒介の表記は、新聞の折り込み広告やネットの広告でも、取引態様として記載されているので、不動産会社を選定する時の1つの目安としてください。

LATEST POST